アナログゲームに新たな魅力

カテゴリー: 子育てについて

先月(8月)は、子どもたちは夏休み。大人の方もお盆休みがあり、家族や親せきと集う機会多かったようですね。
Baumukrone では家族や友達と一緒に楽しめる“ボードゲーム”“カードゲーム”が人気でした。それというのも中高年のお客様が「お盆にお孫さんがが帰って来られた時に、喜んでもらえるおもちゃを選びたい。」との思いで来られる方がいらっしゃったのです。そこで、単におもちゃではなく、家族が集える、そして年齢の差があっても楽しめる“ボードゲーム”“カードゲーム”を提案しました。「ご一緒に遊んでみられませんか?」との誘いに最初は半信半疑だった方も、1つ遊んでみると「まぁ、面白い。」と。そして、次・・・。次・・・。と、いくつも遊んでくださいました。「これなら私にもできそう。」「中学生の孫に勝てるかも。」「はまりそう!」と、楽しみが広がっていかれたようです。おじいちゃま、おばあちゃまの「一緒に楽しみたい思いが満たされた。」と、お盆明けに喜びの声をかけて下さる方もあり、嬉しく思いました。
お父さん、お母さんの立場では「遊びながら学べるゲームを」という思いで来られる方が多かったです。でも、実際に遊んでみると、教育的な目的はもちながら、同時に親子の触れ合いができることを喜んでくださったようです。
値段もお手頃で場所をとらない、ルールも簡単で単純なのですが、これがなかなかの優れもの!!この単純なゲームに、大声をあげて喜んだり悔しがったり、頭を働かせたり、必死になってしまうのです。これはやってみなくては分かりません。Baumukrone では、お店で実際に体験することができます。一人でお越しの方は私がお相手させていただきます。(近所の小学生が対戦相手になってくれることも・・・。)是非ためしに足を運んで体験してみてください。きっと「目から鱗が落ちる」感覚になること間違いなしです。
ヨーロッパでは家族でゲームをすることは日常的なことだそうです。ゲームを楽しむ中で自然にコミュニケーションを図ってルールを守ることを学んだり、負けても立ち直る心を身につけるなど大切な経験ができるのです。
日本にも“伝承あそび”というものがあります。年上の人が年下の人にあそびを伝えることで人として繋がり、いたわりや尊敬の気持ちを抱く。遊びながらさまざまな学びをしているのです。日本の伝承あそびも大切にしたいですね。
「何かを教えよう」「学ばせよう」としても難しいもの。あそびの中でなら楽しんで経験する中で自然に学びが得られると感じています。

中高年(私のこと??)へ「ゲームの勧め」

カテゴリー: 高齢者の方へ

“ゲーム”と言っても、テレビゲームや機械的なゲームではありません。「記憶力」「判断力」「瞬発力」「操作性」「コミュニケーション力」「運」・・・。などさまざまな機能をupさせることのできる“カードゲーム”“ボードゲーム”と呼ばれるものです。「負けたくない」気持ちが心をワクワク、ドキドキさせます。「内容やルールを考える」ことで脳が活性されていきます。「笑う」「ゲームを説明し合う」ことでコミュニケーション力がupします。「瞬発力には自信ないわ」と言われる方でも大丈夫です。少しルールを変化させたり、まずは一人でじっくりと遊んでみることで、そのゲームに慣れていけばいつの間にかスピードが上がっていくものが多いのです。Baumukrone の提案するゲームは、個人やグループのレベル・スピードに合わせたルールづくりができるものを多くご用意しています。

HA4449
「子やぎのかくれんぼ」

ゲームのストーリーは「7匹の子やぎ」色サイコロを振って出た色の缶の下に隠れている子やぎの数を当てます。早く7匹集めた人が勝ち!記憶力を高めるゲームです。

 

AM1730

 

「リングディング」

絵カードに示された通りに指にリングをはめていき、完成したらベルを鳴らすことができます。「えっ!中指ってどれ?」自分の指がどうなっているのかわからなくなりそう。判断力と操作性を高めます。

HA4411

 

「パーキングゲーム」

交差点には車がいっぱい。駐車場を探しています。色目サイコロで出た色の車が自分の駐車場に入ることができますが、入る所が無ければお隣の駐車場に入ってしまいます。お隣さんは「ラッキー!!」運試しのゲームです。