『身近な存在 “お人形” 』

カテゴリー: 子育てについて, 未分類, 高齢者の方へ

世話あそび

私たちの身近なお人形。古来は自然物を素材として“人形(ひとがた)”を作って病気や
災難を除く身代わりとしての道具でありました。それが、“人形(にんぎょう)”として
子どもの愛玩物になってきたようです。
人形も置物として飾られるもの、美術品のように眺めて楽しむものもありますが、
身近に感じられるのは素材の感触を楽しんだり、世話あそび・ごっこ遊びを楽しむ
ためのお人形ですよね。子ども自身がお母さんにしてもらっていることを模倣して
お世話をしてあげている姿をよく目にします。時にはお母さんの立場にになってみた
り、自分がしてもらいたいことをお人形にしてあげて、自分の気持ちを映し出したり
することもあります。嬉しいこと、悲しいことをぶつける存在にもなります。
そんな時は“話し相手”ともなっているのです。
お人形を愛するのは子どもだけではありません。話すことの無くなった高齢者に
お人形を渡すと、突然ことばを発し、話しかけ始めたという事例もあるそうです。
最近、病院でもお人形を治療の説明に使うところが出てきているそうです。
人形の身体を使って治療の場所や方法をを明確にすることで納得し、不安を和らげる
のに役立つというのです。
人の身体のつくりを認識させたい目的ですと、手足の指・目・鼻・耳などはっきりと
したつくりのお人形があります。
いつも一緒にいる安心できるお人形なら感触の良い素材でできたものがいいと思われ
ます。
お人形の形状・表情・素材・大きさ・重さなど、子どもさんが親しめるもの、大人側 の目的・・・。いろいろ考えますが、どれにせよ人の心を引き出すお人形は大切な
玩具です。優しさと親しみを感じられるお人形を選びたいですね。
 
ジルケ人形IMG_0681
主な素材はコットン、
毛糸肌触りがとても気持ち良く優しい気持ちになります

 

 

ナテラ人形IMG_0684
手足の指も分かるようにしているので病院、
保育園などでも使われます。
お世話あそびにもピッタリです。

 

 

 

IMG_0683img001 (76)

自在人形
色を付けたり素材を張り付けたりして
楽しむ工作材料。
手足が自在に動くので、身体のつくり、
動きが自然と理解できます。
漫画デッサンにも役立ちます。

 

 

 

中高年(私のこと??)へ「ゲームの勧め」

カテゴリー: 高齢者の方へ

“ゲーム”と言っても、テレビゲームや機械的なゲームではありません。「記憶力」「判断力」「瞬発力」「操作性」「コミュニケーション力」「運」・・・。などさまざまな機能をupさせることのできる“カードゲーム”“ボードゲーム”と呼ばれるものです。「負けたくない」気持ちが心をワクワク、ドキドキさせます。「内容やルールを考える」ことで脳が活性されていきます。「笑う」「ゲームを説明し合う」ことでコミュニケーション力がupします。「瞬発力には自信ないわ」と言われる方でも大丈夫です。少しルールを変化させたり、まずは一人でじっくりと遊んでみることで、そのゲームに慣れていけばいつの間にかスピードが上がっていくものが多いのです。Baumukrone の提案するゲームは、個人やグループのレベル・スピードに合わせたルールづくりができるものを多くご用意しています。

HA4449
「子やぎのかくれんぼ」

ゲームのストーリーは「7匹の子やぎ」色サイコロを振って出た色の缶の下に隠れている子やぎの数を当てます。早く7匹集めた人が勝ち!記憶力を高めるゲームです。

 

AM1730

 

「リングディング」

絵カードに示された通りに指にリングをはめていき、完成したらベルを鳴らすことができます。「えっ!中指ってどれ?」自分の指がどうなっているのかわからなくなりそう。判断力と操作性を高めます。

HA4411

 

「パーキングゲーム」

交差点には車がいっぱい。駐車場を探しています。色目サイコロで出た色の車が自分の駐車場に入ることができますが、入る所が無ければお隣の駐車場に入ってしまいます。お隣さんは「ラッキー!!」運試しのゲームです。