「離乳食の介助の仕方(スプーンの運び)」

カテゴリー: 子育てについて

hug
Baumkroneので取り扱っている“離乳食用スプーン”をご購入
下さったお客様が、子どもさんに離乳食の介助をしている
画像を送って下さいました。
IMG_1670(動画はここをクリックしてください)
以前にも、この「はぐはぐコーナー」でスプーンのご紹介を
しましたが、今回は実際に使っている画像なので分かりやす
いと思い題材にしてみました。

Y君は7か月の男の子。お母さんがスプーンを口に運ぶ角度
に注目です。あかちゃんの口に向かってスプーンを直角に
向け、水平に口に運んでいます。
また、口から引き出す時も水平に引き出していることがわかります。
スプーンを引く時に往々にして、しゃくりあげるように引いてしまいがちでは
ないでしょうか?これでは、唇の裏に無理矢理くっつけて強制的な食べさせ方に
なってしまっているのです。
あかちゃんが自ら口を開けたところに真っ直ぐにスプーンを入れて、口を閉じた
タイミングで真っ直ぐに引き出します。そうすることで、あかちゃんはしっかりと
唇を閉じ、食べ物を自ら取り込もうと意識します。
「食べさせられている」のではなく、すすんで「食べるている」のです。
食べたい意欲をもつとあかちゃんでも、“次に食べたい”と思っているものに視線を
向けるのです。
そこで「○○が食べたいのね」などとことばをかけながら介助すると「お母さんは
自分の要求を理解してくれている」と満足感や安定感をもって食事が楽しいものに
なっていきます。

大人同士で食べさせ合いこしてみるのもいいでしょう。どのように食べさせて
もらうと食べやすいか、あるいは不快か、物足りないか・・・。など、赤ちゃんの
気持ちになれ、良い経験ができますよ。

スプーンを口に運ぶリズムや量も大切です。どんどん入れてしまうと、モグモグ
する暇がなく、口の奥の方の食べ物を無理矢理押し流して飲み込んでしまうことに
なりかねません。それでは噛む力が育ちませんね。

あとは、食べる時の姿勢。座位が不安定だと余計な所に力が入りスムーズな食事が
できにくくなります。(こちらに関しての具体的な姿勢については、またの機会に
とりあげます)

食事の介助の仕方だけでなく育児のどの場面でも、子どもが主体的に行動できる
ような介助をすることが、“自分で考え、意欲的に行動する”ことに繋がっていくこと
でしょう。

『身近な存在 “お人形” 』

カテゴリー: 子育てについて, 未分類, 高齢者の方へ

世話あそび

私たちの身近なお人形。古来は自然物を素材として“人形(ひとがた)”を作って病気や
災難を除く身代わりとしての道具でありました。それが、“人形(にんぎょう)”として
子どもの愛玩物になってきたようです。
人形も置物として飾られるもの、美術品のように眺めて楽しむものもありますが、
身近に感じられるのは素材の感触を楽しんだり、世話あそび・ごっこ遊びを楽しむ
ためのお人形ですよね。子ども自身がお母さんにしてもらっていることを模倣して
お世話をしてあげている姿をよく目にします。時にはお母さんの立場にになってみた
り、自分がしてもらいたいことをお人形にしてあげて、自分の気持ちを映し出したり
することもあります。嬉しいこと、悲しいことをぶつける存在にもなります。
そんな時は“話し相手”ともなっているのです。
お人形を愛するのは子どもだけではありません。話すことの無くなった高齢者に
お人形を渡すと、突然ことばを発し、話しかけ始めたという事例もあるそうです。
最近、病院でもお人形を治療の説明に使うところが出てきているそうです。
人形の身体を使って治療の場所や方法をを明確にすることで納得し、不安を和らげる
のに役立つというのです。
人の身体のつくりを認識させたい目的ですと、手足の指・目・鼻・耳などはっきりと
したつくりのお人形があります。
いつも一緒にいる安心できるお人形なら感触の良い素材でできたものがいいと思われ
ます。
お人形の形状・表情・素材・大きさ・重さなど、子どもさんが親しめるもの、大人側 の目的・・・。いろいろ考えますが、どれにせよ人の心を引き出すお人形は大切な
玩具です。優しさと親しみを感じられるお人形を選びたいですね。
 
ジルケ人形IMG_0681
主な素材はコットン、
毛糸肌触りがとても気持ち良く優しい気持ちになります

 

 

ナテラ人形IMG_0684
手足の指も分かるようにしているので病院、
保育園などでも使われます。
お世話あそびにもピッタリです。

 

 

 

IMG_0683img001 (76)

自在人形
色を付けたり素材を張り付けたりして
楽しむ工作材料。
手足が自在に動くので、身体のつくり、
動きが自然と理解できます。
漫画デッサンにも役立ちます。

 

 

 

№8『おもちゃ選びは献立て選び!?』

カテゴリー: 未分類

今回は『はぐはぐサロン№1』で投稿した内容に繋がった“おもちゃ選び”に
ついてです。
IMG_0195
お店に来られる親子連れのお客様が、おもちゃを選ばれる時によく耳にするのが「どれにする?」と
お母さんが子どもさんに聞かれる声です。
子どもさんはもちろん「これ!」と実際に手に取って遊んでみて楽しかったものを選びます。
もしくは「これと、これと、これ」と言う風に
楽しかったもの全部を選びます。
そこで、親御さんは「ママはこれがいいんだけどあ」
というやりとりです。

子どもに“主体性をもって選ばせる”“楽しいと感じたものなら意欲的に遊んでくれる”と感じておられるから「どれにする?」と聞かれたのでしょう。
しかし、親御さんの「ママはこれがいいんだけどなあ」のことばの中にも、
親御さんの“ねらい”が込められていると私は感じています。

ここで幼児教育に精通したある方のことばをお借りします。

「夕飯の献立を選ぶとき、常に子どもに何が食べたいか聞きますか?」「子どもの
身体に何が必要か大人がかんがえるでしょ?おもちゃも、親がねらいをもって選ぶ
ことがあってもよいのです。」と言われました。
いろんな考え方があると思いますが、私はまさにその通りだと思いました。

子どもが興味をもっているものを与えることも大切ですが、苦手なこと(苦手な
食べ物)、あまり興味を示さなかったこと(好んで食べないもの)に目を向け
体験することで世界が広がる(食べず嫌いを克服する)。
それには大人の願いと工夫が必要だと思われますが。

私が永年携わっていた保育の現場でも、一人一人の子どもやクラスの状態を考え、
保育士がねらいをもっておもちゃを選んでいました。
「ママはこれがいいんだけどなあ」それも時には大正解です
IMG_0192IMG_0193IMG_0192

 

『からだに合った椅子を』

カテゴリー: 子育てについて

今回は、複数のママたちの疑問「椅子に座って食事を食べ始めるのはいつ頃から?」です。
基本的には『座っている姿勢(座位)が安定してから』が良いのではないかと考えています。
安定した座位を保てるようになって初めて、両手が自由に使えるようになるという理由です。
よくベビーラックのような椅子に座って食べている姿を目にします。
大人と向かい合って食べるという意味では良いと思われますが、赤ちゃんの姿勢を見て
みると、深い椅子の背もたれにふんずりかえって(広島弁?)座り、食事をしている間に体が
斜めになっていることが少なくありません。それでは胃を圧迫したりモグモグするのに力が
入らなかったり、手を動かしにくかったりと、食べることに妨げとなることが生じてきます。
座位が安定してきたら、足が床(足置き台)に着く高さに椅子を調節することでしっかりと
姿勢を保ちながら両手を動かして食べられるのではないでしょうか。

そこでお客様Aちゃんに、お店の子ども椅子に座ってもらった写真を撮らせて頂きました。

・Aちゃんの足は座面に乗ったりせず、下に下りています。IMG_3256
しかし、座面が少し高いようで足がブラブラしているようです。
これでは安定した姿勢を保ったまま食事をすることは難しいかも・・・。

・お風呂マットのようなものを2枚重ね、
椅子の前足が入るように穴を開けて、
そこに椅子の前足を差し込んでみました。IMG_3258
・随分安定してきたようです。(足置きを置くだけ
では足で蹴飛ばしてしまうので、足置きが
移動しないようにするために椅子の足を差し込んでいます)

IMG_3266

・椅子が深く、ふんずり反ってしまうようでしたら、
余ったマットを背部にも入れても良いでしょう。

 

写真に使われている椅子の紹介
   広島のおもちゃ作家さんが一台一台、丹精込めて作っている子ども椅子です。
座面に少し窪みがつけてあるのでとても安定すると好評です。
子ども椅子 \7,000+税  肘掛椅子 \8,000+税 大人用まめ椅子\8,000+税

 

『あそび見守る』

カテゴリー: 子育てについて

IMG_3192 (2)今回は、Baumkroneのお客様“月齢9か月のRちゃんのママ”のエピソードから
お話をすすめていきます。

ママは最近ちょっとした不安と戸惑いを抱いているようでした。それは
「毎日一緒に遊んでると関わりがマンネリ化してくる。」「どう関わったら
いいの?」「本当にこれでいいの?」ということでした。

Rちゃんはママが何か遊んで見せると、それをじっと見ていて真似たり試したり、
ママの顔を見たり・・・。ママがそばにいれば一人であちこちに移動して、
おもちゃや興味をもった物を積極的に触ったり舐めたり音を鳴らしたりご機嫌で
探索活動を楽しみ、充分に満たされて遊んでいる様子でした。

同じような不安を抱いているお母さんたちは多くいらっしゃいます。
“退屈させたくない”“しっかりと愛情を伝えたい”“何か教育的に良い事をして
あげたい”・・・。そして、良かれと思って声をかけたり、次々とおもちゃを
見せたり、音を出して興味を引き付けたりしているようです。
子どもが一人で意欲的に機嫌よく遊んでいる時は、“あそびに夢中になってい時。
”“意欲をもっている時”“学習している時”です。そんな時に必要以上に声をかけたり
すると気が散ってしまうことがあります。
“しっかりと遊び込む”時間、“一人あそび”も大切です。ただ、「いい子して遊んで
いるから放っておいても良い」という意味ではありません。
ここで大切なのは“見守る”こと。子どもは遊んでいる時もお母さんの存在を意識
しています。見える場所にお母さんが居る。ふと振り返った時、何か達成した時に
目が合ったり、うなずいてもらったりするだけでまた安心してあそびを継続できる
のです。

おとなとの安心しかかわりの中で遊ぶことは、優しさやコミュニケーション能力を
高めます。しかし、絶えずかかわっていないといけないということは決してありませ
んから、無理せず楽しみながら一緒の時間を過ごして下さい。

《 エピソードの内容と写真モデルのお子さんは関係ありません》

『指の発達とスプーンの持ち方』

カテゴリー: 子育てについて

手づかみからスプーンに移行した時、「スプーンを上手に持たせるにはどうすれば
いいのかしら?」というご質問をよく受けます。
スプーンの持ち方にも段階があるので、今回は、手の発達に応じた無理のない
持ち方についてお話しします。
IMG_3018
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・写真①
・・・写真①はスプーンを上から握っています。
・・・最初は親指を中に握りこんで持ちますが、
・・・次第に親指がでてきます。

IMG_3026・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・写真②
・・・人差し指が出てきます。この持ち方が
・・・しっかりと安定してきたら、スプーンを
・・・下から持つ準備ができました。

IMG_3023
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・写真③
・・・親指と人差し指が出てきたら、下から
・・・持っても、握り込んだ持ち方をする
・・・ことなく上手に持てます。
・・・グーの状態でスプーンを下から持つと
・・・肘がしまり、手首を動かすこともできません。

・・・親指と人差し指を出して持つことで、手首をクルクルとかえしながら
・・・食べることができます。
・・・
この動きがお箸を持った時に重要なうごきとなるのです。

・・・写真③の持ち方がしっかりと安定してくると、ようやくお箸へ移行です。
・・・お箸の持ち方はスプーンの時と同じ。
・・・手首をかえしながら食べ物を挟んで口に運びます。
・・・そして、これが鉛筆の正しい持ち方へとつながるのです。

それから最後に、
スプーンやお箸、鉛筆を器用に扱うためには、小さい時から小さな動きのあそび
ばかりではなく、身体を大きく動かし、腕をしっかりと上げるあそびをたくさん
経験させてあげましょう。

・・・・・・・・《Baumkroneおすすめ商品》
IMG_0679
・・・「離乳食用スプーン」 ¥900+税
・・・・小さな口に入りやすい大きさ。
・・・・スプーンにふちがつけてあるので、口当たりが
・・・・優しい。

 
・・・ 「カットスプーン」 ¥900+税IMG_0680
・・・ 先が斜めにカットされた形状。
・・・・食べ物をすくった時にお皿のふちにぴったりと
・・・・当たるのですくおうとするものがこぼれにくく
・・・・なっています。窪みが少ないので、食べ物を
・・・・唇で取り込みやすく、スプーンに残りにくい設計です。


・・・「三角箸(子ども用)」 ¥600+税IMG_0678
・・・・1本1本が三角形の形状で持ちやすく
・・・・なっています。竹製。食洗器OK。

 

 

IMG_0682
・・・ 「握りクレヨン」
  ¥900+税
・・・・長細い通常のクレヨンはまだうまく持てない・・・・・
・・・・小さなお子さまがしっかりと握って描けます。
・・・・6色。

 

 

 

BJ0074_01・・・「もちかた先生グリップ」 ¥800+税
・・・・・三角形の形状が、親指・人差し指・中指3本の
・・・・・指での正しい鉛筆の持ちを導きます。
・・・・・日本の職人さんの手作りだそうです。

 

DR1455_9・・・「ハンペルマン」 ¥2,000+税~
・・・・・下へ伸びたひもを引っ張るとピエロや動物が
・・・・・踊り出します。その動きとしくみが楽しくて、
・・・・・何度も何度も繰り返し引っ張ろうとします。
・・・・・手を伸ばしてやっと届く位置に掛けておくと、
・・・・・楽しみながら腕を上げる運動にもなります。

『戸外あそびが楽しい季節がやってきた♡』

カテゴリー: 子育てについて

吹く風が優しく気持ちの良い季節がやってきましたね。
これまで「外で遊ぶのはちょっと…。」とついつい室内で遊びがちだった方も、
もう大丈夫。しっかりと戸外であそびを楽しんでください。
“外で遊ぶ”ということは、ただ単に身体を動かして運動をするということだけでは
ありません。お子さんにとって心と体の栄養となる要素がたくさんあるので、
その中の一部をご紹介してみたいと思います。

ははは真っ先に考え付くのが『身体能力の発達を助ける』ということですね。
ははは器用さや持久力、力、速さ、柔軟さ、弾力性を養い、日常生活に必要な動き
ははは技能や技術を可能にしていきます。

はははほかに『身体組織の多面的発達を助ける』という要素もあります。
ははは難しいことばになりましたが、筋肉や関節、骨、内臓器官、感覚、呼吸、
ははは血液循環器官・・・。などの強化や制御にも影響するのです。

はははそして『知的発達を促す』ことにも役立ちます。
はははさまざまな状況を判断し活動することは、空間関係・物の名称・数の理解・
ははは注意力・記憶力・創造力を育て、身体と精神を発達させるのです。

はははまた『自分の身体を知る』要素でもあります。
ははは身体を動かすことにより、体の触覚、運動、視覚的情報が統合されてスムーな
ははは動きができるようになります。

はははこのほか、開放的で穏やかな気持ちになって『心の安定感』にもつながっ
はははいきます。

部あげただけでもこんなにいいことがたくさんあります。
公園まで行けなくても、おうちの周りを散歩するだけ。歩いて買い物に行くだけでも
家の中にいるだけとは随分違って刺激があります。

黙って歩くよりも、見えた景色や気づいたことを「小鳥が鳴いてるね」「○○が見えるね」
「○○の匂いがするよ」などと話しかけながら五感を刺激しながら歩くことで脳が働き、
好奇心と意欲ももてるのです。

とっても気持ちのよう季節だから、しっかり戸外で遊びましょう。

はははははははPS:幼稚園や保育園の園庭解放なども利用してみるのもお薦めです。

『お正月にちなんだ“もの”や“ことば”の由来』

カテゴリー: 未分類

Baumukroneがオープンして初めてのお正月。皆様、ゆっくりとお正月休みを
楽しまれましたか?
現代、昔とは住まいや生活様式が変化してお正月の過ごし方も変わってきています。
昔の人びとはお正月の行事の一つひとつに健康や幸福を願う心を込めていました。
今回は、そんな「お正月にちなんだ“もの”や“ことば”の由来」について取り上げてみました。

・宝船 ・・・七福神を乗せた船。
___________お正月の夜、枕の下に宝船を描いた絵を敷いて寝ると基本 CMYK
___________「福を呼ぶ」と言われています。

・年神様・・・毎年毎年、とこしえにお正月と共に新しい年祝い、
___________力を授けて下さる神様。
___________門松や松飾りを目印に各家庭に下りてくる。

・門松 ・・・松の緑は永遠の命のしるし。

・鏡餅 ・・・年神様が宿るところ。109553・お雑煮・・・お餅の入ったお雑煮を食べると年神様から新しい力をいただける。

・おせち料理 112002
  ・・・「めでたい」075908
昆布
 ・・・「喜ぶ」
黒豆 ・・・「まめ(元気)に暮らせる」
ごぼう・・・「根気がつくように」
えび ・・・「腰が曲がるまで長生きするように」
栗きんとん・・黄金の小判を表し
__________「お金がたまるように」
数の子・・・「子孫が増えて繁栄するように」

その他まだまだありますが、このような昔の人の大切な心を是非、
私たち大人が次世代に伝えていきたい責務だと感じています。

『ボードゲームの勧め』

カテゴリー: はぐはぐサロンからのお知らせ

11月30日(日)の中国新聞に“ボードゲームカフェ”が広島で定期的に開催されているという
記事が載っていました。
“考える楽しさ人気の秘密”として仲間と一緒に会話をしたり、お互いの手の内を探り合ったと、
コンピュターゲームとは違ったおもしろさに、子どもから若者、家族にまで人気が出ている
という内容でした。
Baumukroneの9月のはぐはぐサロンのコーナーでも「アナログゲームすすめ」として、
ボードゲームやカードゲームの魅力をお伝えしたばかりだったので、とても嬉しく
「ヤッホー」という思いで今回の記事を読ませていただきました。
広島にも新たな楽しみが広がっていく予感です。
Baumukroneに並んでいるボーでゲームのほとんどは、4歳くらいから99歳までのもので、
ルールもシンプルで初心者の方でも直ぐに楽しんでいただけるものばかりです。
店頭に並んでいるゲームはお店で実際に遊べるので、是非ためしてみてください。
今後、ゲームの会も企画予定です。決まり次第、新着情報でお知らせします。
(カードゲーム価格¥1,400程度/ボードゲーム¥2,400位~¥5,000位が平均)

AM1700「ハリガリ」
参加者が順に手持ちのカードを1枚ずつめくって
いきます。表には果物が何個か描かれています。
めくられたカードで同じ果物の合計が“5”になったら
チンとベルを鳴らします。5になったことに気付いた人は
誰でもベルを鳴らせます。早く気付いた人が勝ちです。
自分のカードの上に次々とカードを重ねていくので、
絵柄がどんどん変化していき、足し算引き算をしなくては                                                      いけません。ちょっとしたノートレになりますよ。

Bild für die Haba Firmenfamilie「マーブルすくいゲーム」
カードを1枚めくって、そのカードに描かれた色と数の
マーブルをいち早くすくい取るという単純なゲーム。
自分が取ろうとしたマーブルをほかの人も狙って
いたり、焦るとマーブルが飛び出してしまったりと、
大騒ぎ!!

 

 

『ハイハイしよう!!』

カテゴリー: 子育てについて

“ハイハイ”が大切なことは多くの方がご存知だと思います。これから折に触れてハイハイ
の大切さについてお伝えしていきたいと思いますが、
まず今回は「“お座り”と“ハイハイ”どっちが先?」という質問について一枚の写真から
読み取れる事例でお話します。
写真はお店のお客様「Yちゃんとお母さん」です。Yちゃんはうつ伏せ姿勢になるのがあまり
好きではなかったそうで、お座りならご機嫌で遊んでいたようです。
お母さんはYちゃんがハイハイする姿を楽しみにしておられましたが、その日はなかなか
やって来ませんでした。
そこで「機嫌の良い時、少しずつうつ伏せ姿勢の機会を増やしていきましょう。」
と二人で相談しました。
Yちゃんのお母さんは直ぐに実行!・・・それから数日後、写真の姿が・・・ :-P
お店の中で、気になるおもちゃに向かってぐーんと手をのばし、足の指で床を蹴って前に
進もうとしている姿です。この姿勢から自分でお座りもできるようになったそうです。
“目的の所に移動する”“両手が自由に使える”ことは子どもの好奇心や探索意欲、
身体の操作性などを養い満たすのです。“お座り”と“ハイハイ”「どちらを先に?」絶対的な
決まりや答えはありませんが、この事例から読み取れることがあるのではないかと思います。
座ってばかりではなくハイハイがしっかりとできる環境をつくってあげることは絶対的に大切
だと感じています。

HugHug20141102_1

 

 

両腕で支えてしっかりと
胸をもちあげているYちゃん。

 

 

HugHug20141102_2

 

 

 

おもちゃを触ろうとぐーんと腕を
伸ばしています。
おしりが持ち上がっているのも
よくわかります。

HugHug20141102_3

 

 

 

足の指が開いて力強く床を蹴ろうとしています。